じぶんブログ

小学生と幼稚園児を子育て中 物を減らしてシンプルに楽したい

冬の恐怖体験

スポンサーリンク

こんにちは。

4歳と7歳の姉妹を育てながら少ないもので適当に暮らしています。

12月になりましたね!今月もよろしくお願いします。

こないだこたつで寝ていたら恐怖体験をしたのでお伝えします。

↓もはや、なくてはならない、こたつ

www.minimal-0123.com

 

こたつがくさい

前日は長女の友達がきょうだいで遊びに来ていました。こたつ布団は外して、ちゃぶ台として使っていました。

ちゃぶ台ではみんなでお絵かきをしたり、おもちゃで遊んだり。下の子は1歳半くらいで、色鉛筆を持って家の中の各部屋を行き来して遊んでいました。

次の日は日中はバタバタしていたのでこたつはまだセッティングせず。夜になってからこたつ布団を元に戻し、こたつの電源を入れてウトウトしていました。

すると、なんかくさい。

でもこのこたつ、新品の時もちょっとくさかったし、一日使ってないとにおうのかな?と思ってそのままうとうと…。

やっぱり、くさい。

何かおかしい。

プラスチックを熱した時のようなにおい。

こたつヒーターを見てみたけど発熱体がちゃんと赤く光っている。問題なさそう?暗いしよくわからず。とりあえず怖いので電源を切って、換気扇を回しました。

もう一度こたつの中で寝てしまいそうになった時、夫が帰ってきたので「さも今までうとうとなんかしていなかった」というふりをしました。←よくやる

 

色鉛筆焦げ焦げ事件

私がお風呂に入っていると、いきなり夫がドンドンドン!!!とお風呂のドアを叩いてバッとドアが開きました。まるで子供に怒る時みたいに。

そしたらこれを持ってました。

f:id:minimal-uuu:20191203095002j:plain

焦げてる。

 

これを見た時はちょっと血の気が引きました。

色鉛筆がこたつのヒーターユニットの中に入っていたそうです。

夫からは色鉛筆の管理を徹底するように注意されました(T_T)

揃ってないことに全然気づかなかったのです。

(子供にはこたつの電源を入れる時は声をかけるように言ってあります。)

■うちのこたつは「石英管ヒーター」というもので、発熱体が赤くなって暖まり、周りは囲いで覆われているスタンダードなタイプです。※参考サイト電気設備の知識と技術

 

片づけ大事

これは私がちゃんと、色鉛筆を片付けていれば防げたこと。色鉛筆なんて欠けてる色があったら気づくべきでした。

でも実際には前日は3つの色鉛筆を同時に使って遊んでいて、普段も全色揃ってなくても気に留めていなかったんですよね。

色鉛筆一本がこんなことに…。ほんとうに気を付けなければと思いました。

部屋やこたつ布団の焦げたにおいはなかなか取れず、においが薄くなるまで天日干ししてみたり、3日くらいかかりました。

あのまま色鉛筆を放置したら燃えてたのかもしれません。

みなさまもお気を付けください。

あー怖かった( ;∀;)みんなー!生きてるよー!

ではまた! 

※今回の事件は私がこたつの使い方を誤ったものです。こたつは気を付けて正しく使えばとても便利な物です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

▼どんな人が書いているかはこちら⇒自己紹介 - じぶんブログ  

▼はてなで読者になるボタン⇒