じぶんブログ

ミニマム親子のミニマルな暮らしと育児

玄関スッキリへの道、賃貸の場合 その2

スポンサーリンク

玄関にあふれていた物を

靴箱に収める方法とは? 

前回の続きです

  

捨てるしかなかった 

狭い玄関はどんなに願っても広くはなりません

しかも砂とかの問題で、靴を家の中に収納するには抵抗が・・・

(長期保管する場合は、拭いたりできるけど)

 

玄関には、たたきから上がってすぐも扉があるので

コートかけなど、新たに収納を置くことができませんでした

 

そこで靴をとにかく捨てました

スニーカー、パンプス、サンダル、ブーツ

何年も履いてなかった

なんで大事にしまっていたのか不思議です

靴の箱も処分

 

これでもこんまり流で定期的に処分はしていたのです

でもまだ適量のカチッとポイントは全然つかめていなかったのです

  

断捨離後の、靴の数は?

 

(私)

スニーカー1

パンプス1

サンダル2

ムートンブーツ1

サイドゴアレインブーツ1

玄関用クロックス1

 

(旦那さん)

スニーカー1

革靴1

ベランダ兼用サンダル1

 

(長女4歳 次女1歳)

おさがりの都合でけっこうたくさんある~割愛

 

旦那さんミニマルですね

 

 

靴箱がいっぱいだった原因は

 

靴箱がいっぱいの原因は、子供が2人になったからではありません

ひとつ買ったらひとつ処分 これを意識してなかったから

履いてない靴をきれいだからまだ使うかもといつまでも死蔵していた

あと、かさばるロングブーツと長靴がかなりスペース使っていました 

10年物のロングブーツは処分

長靴はちょうどこの夏で穴があいてしまったので

サイドゴアレインブーツに買い替えました 

 

↑このタイプ。使いやすくて、おすすめです

幸い子供はまだ4歳と1歳なので靴はそんなにかさばりません

やっぱり大人の靴はすごく場所をとるなーと思いました

 

 

靴について考える機会になった

 

歩くのが好きなので、靴を捨てる時は少し悲しい

靴って自分の足をすごく守ってくれるし

くたっと具合に表情があります

 

一緒に旅行に行ったVANSの靴、あんまり履いてない靴たちも

私は一足ずつ新聞紙にくるんで「ありがとう」と送り出したのだった

 

すると、玄関にあふれていた靴以外の物を収めることができました

しかもまだ余裕があります 

 

そして気づいたことがありました、それは ・・・ 

 

私が欲しいのはコーディネートの幅より、スッキリした玄関です 

適量のカチッとポイントは、もうすぐつかめそう!ってとこまで来ました!

現在は冠婚葬祭、季節ものを除き、ヘビーローテーションの靴しか入ってない状態

元々が片付けられない人だったので、これ天と地の差です 涙

 

 

色んなものたちが収まった時の喜びは

それは丘のうえで叫びたい感じでした

 

Wow~ 


にほんブログ村

スポンサーリンク