じぶんブログ

ミニマム親子のミニマルな暮らしと育児

【自律神経は伝染する】心を乱されない。かんたんな呼吸法

スポンサーリンク

みなさまこんにちは

3歳と6歳を育てながら少ないもので適当に暮らしています 

予定が詰まっているのに上手くいかない時、ありますよね…。こんな時に限って子供たちは体調を崩したり、わがままを言ったりするものです。

大人も同じで、夫婦でどちらかが疲れている時は、なんとなく相手の方も疲れてしまうものですね~。

 

悪い自律神経は伝染する

例えば電車のなかで誰かが怒り出し、その場の空気が緊迫して一気に悪くなったり…似たような経験は一度くらいはあるのでは。

私の場合だと電車を降りてからもしばらくはドキドキモヤモヤとしてしまいます。無意識に呼吸が浅くなり、自律神経が乱された状態です。

家庭でも同じ。誰かがイライラしているとみんなの自律神経が乱れる。

 

すぐできる対策。「深い呼吸」を意識する

小林弘幸さんの本、超一流の人の「健康」の極意には

「超一流の人は、呼吸が深い」と書いてあります。

自律神経とは??

「自律神経とは、ひとことでいえば、内臓器官のすべて、とりわけ血管をコントロールしている神経です。人間の生命活動に欠かすことのできない『呼吸』も、じつは自律神経がコントロールしています。」

内臓器官の全て…。自律神経がみだれると調子が悪くなるはずです(^^;簡単にできる呼吸法が載っていました

3~4秒でゆっくり鼻から吸って、6~8秒間、口をすぼめてゆっくり吐く。いわゆる「1:2の呼吸法(ワンツーこきゅうほう)」

 「1日に2~3分でもいいので、この呼吸法を意識する。(中略)そうすればあなたの呼吸はだんだん深く落ち着いたものとなり、自律神経は整い…(以下略)」

少し意識するだけで、イライラしそうになったり、忙しい時の気持ちの乱れが幾分楽になりました

 

まとめ

最近色々重なり調子が出ず…。小林弘幸さんの本がもう一度読みたくなって借りました。読むと「あれもこれも自律神経が乱れてるだけかも。私の悩みは何てことないな!」と気持ちが楽になりおすすめです。たまたまかもしれないけど、読んだら30分早く起きられました!実に半年ぶり…

予定がぎっしりの今週。気を付けていても子供たちに目が行き届いていなかったようで、子供が風邪を引いてしまいました…。私の自律神経が伝染してしまったのかも(笑)でも冷静にスケジュールを修正修正。乱れそうになったけどなんとか持ちこたえています。これも呼吸のおかげかなあ。

 

おわり

▼少しだけ意識を変えよう▼

 

▼アクセスの多い記事はこちらです 

▼こちらも参考に♪▼〈ブログ村テーマ〉
すっきり暮らす
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

*************

育児

笑顔になれる子育て
子育てを楽しもう♪

▼ミニマリストブログランキング参加中

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

▼どんな人が書いているかはこちら⇒自己紹介 - じぶんブログ  

はてなで読者になるボタン⇒