じぶんブログ

ミニマム親子のミニマルな暮らしと育児

わたしがソファーを捨てるまで

スポンサーリンク

 

 

 

ソファー

 

それは夢のような家具ですよね

 

ソファー

 

文字にしても、ふぁーっとしたこのふわふわ感がいいですよね

 

 

でも捨てましたけどね

 

 

■関連記事→半年間、断捨離し続ける私を見て、親も物を捨てだしました。収納の落とし穴 - じぶんブログ

 

 

IKEAのソファー

 


ソファーはIKEAのもので、幅は180cmありました

2LDKの賃貸には大きすぎた・・・

でも置いていたのには理由がありました

 

 

それでもソファーを置いていた理由

 


ひとつ目は、ソファーでくつろぎたいという、旦那さんの希望で。

毎日お仕事がんばって、家にかえってソファーでくつろぎたいとな?

そりゃごもっともです

 

ふたつ目は、授乳するときに楽だったから、です

赤ちゃんを支えなくてはいけないので、ソファーにもたれるとすごく楽だったんです

 

 

 

授乳にソファーは快適

 

 

一人目出産の時に、産後一ヶ月間

実家で地べたに座ってずっと授乳していました

 

それが、非常に、つらい

 

肩、腕、腰、足、全身がもう痛くて痛くて

 

自宅に戻ってからソファーに座って授乳したところ、

「すごい、楽!」

ソファーの恩恵を受けまくりました

 

なので邪魔だなーと思いつつも、置いたままになっていました

 

 

 

修行の成果 

 

 

しかし、二人目出産の時は、産後自宅に戻っても

ソファーのありがたみはそんなに感じず、拍子抜け

「あれ???」

と、なりました。


どうやら私の授乳スキルがアップしていたようです

床でも楽々授乳できるように。

授乳は修行に似ています 

 


このように必要と思っていたものが、じぶんが変わることにより、必要なくなるということを身をもって経験しました

 

 

 

次第にストレス発生装置に

 

 

布のカバーは夏に浴槽で丸洗いし、大事に使っていました

でも次第に私にとってソファーは、ストレス発生装置になっていきました

 

授乳して、しょっちゅう乳を吐く

大きくなってきたら、飛び跳ね、そして落ちる

落書きする

洗濯物をちょい置きして旦那さんにこっぴどく叱られる

掃除機をかけたり、カバーオンカバーをしてみたり

 

疲れます

 

そして、やたら、でかい

 

見るたびに思う、「捨てたい・・・」

 

 

旦那さんを説得した

  

 

旦那さんは、うまいこと説得して、一緒に解体しました

(長い間ぶつぶつ言っていたので、仕方なく許可してくれたのかもしれない)

 

ソファー自体、そんなに高いものではなかったので、

だいぶ、くたびれてきていたし

よく座る右側だけへたってきていた

汚れも少しありました 

 

粗大ごみ予約の日の前日、

カバーを外し、足を外し、解体しながら、

まだまだ使えるよなあとか、子供たちも気に入っていたよなあとか、

もったいない気持ちがどんどん湧いてきてしまった

 

短い間だったけど、思い出がいっぱいあったし

本当に捨てていいのか少し迷いました

 

でももう後には引けないのだった 

 

 

さよなら、ソファー

 

 

こうして文章に残しておけることをうれしく思います

また逢う日まで

 

 

 

おわり

 

 

 

 

にほんブログ村テーマ
ミニマリストな生活 & シンプルライフ

すっきり暮らす

 

育児

笑顔になれる子育て

 

 

スポンサーリンク