じぶんブログ

ミニマム親子のミニマルな暮らしと育児

【本】フランス人は10着しか服を持たない。感想を書いてみたわ

スポンサーリンク

みなさまこんにちは

2歳と5歳の子育てをしながら適当にミニマリスト的な生活を送っています

「フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ”暮らしの質”を高める秘訣~」を読みました。10着…。このタイトルが奇抜だということは知っていました。副題の「パリで学んだ~」の方が内容に合ってると思います

暗黒だった20代に読みたかったです!今は幸せなんで。ごめんあそばせ~

f:id:minimal-uuu:20171007001603j:plain
 

あらすじ

アメリカ人留学生のジェニファーが、フランス人貴族の末裔であるマダム・シックの家にホームステイします。そこで暮らし方、考え方に感銘をうけたよ…という内容です

結論から言うと、 

  1. 自分のスタイルを確立する
  2. 日常を楽しむ
  3. 自分や家族を大事にする
  4. 知性が必須よね

そんな本でした

 

1.自分のスタイルを確立する 

「10着」はミニマリスト的に言うと私服の制服化

この10着の内訳は季節ごとにトップスが5、ボトムが5くらい。アウター、インナー、靴は含まない。全部で10着という意味ではなかったんですね。ホッ

私のしている私服の制服化とちょっと似ていました。幼稚園の往復用なのでシックではないですがね…

 

服の数をどうやって減らすかというと、 

自分のスタイルを確立すれば、どんな服を買うべきが迷わなくなる

むしろ色々なスタイルを着こなせる人の方が少ないですね。この「自分のスタイルを持つ」という考え方は服だけでなく何度も出てきます

更に、10着に絞ろうと思ったら

  • 似合わない服
  • 出番のない服
  • 傷んだ服
  • その他、所有する理由が明確ではない服 

これらは収まりませんので自動的にさようならですね

 

服は減らした。じゃあどうやったらシックになるの

マダム・シックは自分には何が似合うか、どんな服を着れば自分らしいくつろいだ気分になれるか(中略)どんな服を着れば自分の美しさがひきたつかを、ちゃんとわかっていた。

 この「くつろいだ気分になる服」はなんとなくわかる。部屋着やジャージという意味じゃなくて、自分によく似あっていて自信が持てる服!こういう服を着ている時は360度どこから誰が見ていても大丈夫なので、とても落ち着きます

似合う服がわかれば苦労しないよ!という方は骨格診断や、パーソナルカラー診断なども参考になさってはいかがでしょうか

「パーソナルカラー診断」人生の主役はじぶんである【本の感想】 - じぶんブログ

「骨格診断」じぶんの体形を維持しようと誓った【本の感想】 - じぶんブログ

 

2.日常を楽しむ

食事も家の中も。特別なことはしなくていい

読んでいると、じぶんに「自信を持って」「日常を楽しむ」ことが大事なんだということがくり返し書いてある

特別なときだけとっておきのグラスを使うなんてことはしない。いつだってクリスタルを愛用していた。彼らにとっては、自分たちのために特別なものを使うのは当たり前のことだった。

我が家の食器は安い物しかないですが、全てが一軍です。「お客様用」は、ない

片付けについても触れている。散らかっているのはシックじゃないそうです。確かに。

物を決まった場所に戻すなんて簡単なことだし、置き場所が決まっていないせいでいつも探し物に時間を取られることを考えたら、ずっと時間の節約にもなる。

 これは定位置管理ですね。やっぱり合理的なんですね。私はいろんなところにスリッパを脱いでしまうので、夫は「スリッパは敵だ」と言っています

 

3.自分や家族を大事にする

まいにちのごはん

マダム・シックの家では、食事は最も大事なことで、まるで儀式みたいに楽しんでいた。「何もないからピザでも注文しましょう」なんてことは、ただの一度もなかった。

耳が痛い。好き嫌いのある2歳と少食の5歳がいるので毎日献立を考えるたびに思考停止。口からたましいシューです( ゚Д゚)。こちらの本に出てくるご家庭では毎日の食事をとても大切にされてるんですねー。うふふー。素敵

 

フランスでは、ホストファミリーのほかにもいろいろな人たちと食事をしたけれど、食べる時にカロリーを気にして、太りそうだなんて心配していた人はひとりもいなかった。

こちらは同意できます。ここからは私の意見ですが、じぶんが食べたいものを食べればいい。変に制限したりするからおかしくなるってことないですか?毎日ジャンクフードだったら絶対嫌になるから自然に軌道修正するでしょう。そのためにはバランスのとれた食事と健康的な生活がベースにあるとは思いますが。食生活が乱れるってことは食以外に何か原因があることがほとんどでしょう。仕事や家庭が忙しい、運動不足、悩み事がある、お金がない…等

 

4.知性が必須よね

フランスでは知性が高く評価される

日本では見た目が100%とか言いますもんね

フランスでは知性が高く評価される。人々はあなた自身の意見を聞きたがる――そして、あなたの意見が有意義で興味深くウィットに富んでいるほど尊敬される。

フランスで生きるのは大変そうですね。ここは日本なので見た目が…ではなく私もいくつになっても学ぶことを忘れずに生きていきたいと思います。そうでなくても容姿は年々衰えるのだから 

 

まとめ

この本をよんで著者のジェニファーと友達になった気分だわ。この親しみやすさもベストセラーの理由かもしれないわね。ジェニファー、私も自信をもって毎日を楽しむことにするわ

英語しゃべれないけどね

 

おわり

 

 

▼こちらも参考に♪▼〈ブログ村テーマ〉
無印良品で買ったもの♪
無印良品 オススメのモノ~ ♪♪

やっぱり好き MUJI 無印良品

* 無印良品( MUJI )との生活 

******************
すっきり暮らす
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

▼ミニマリストブログランキング参加中

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

▼どんな人が書いているかはこちら▼

自己紹介 - じぶんブログ

  

はてなで読者になるボタン

  

スポンサーリンク