じぶんブログ

ミニマム親子のミニマルな暮らしと育児

【英語やり直し】実際は手も足も出ないという現実

スポンサーリンク

こんにちは。

4歳と7歳を育てながら少ないもので適当に暮らしています。

 

夏休みに子供の英語教室(短期)がありました。短期なのでお勉強というよりは異文化コミュニケーションが主体だと理解しております。

私は趣味で中学英語からぼちぼちやり直している身です。これはチャンスなのでは…と思ったが、甘かったです!!!

www.minimal-0123.com

 

いざネイティブスピーカーを前に!

英語教室のお迎えにいくと、ネイティブスピーカーの外国人の先生方もいます。

英語は1週間あり、1日目は…やっぱりあいさつだけしてスルー。

2日目に女の先生にちょっと話しかけてみるも、ほとんど日本語がわからないみたいで、ニコリともしてくれず気まずい空気が流れ…心が折れそうになる(笑)

もう手も足も出ないってこのことだ(笑)

「間違えてもいいから大きな声で話しましょう」とか言うけど、何を話していいか全く出てこないのだから途方に暮れます。やっぱり必要に迫られないと出てこないもんですね。 

 

英語以前に コミュニケーション

あっという間に最終日。男の先生が片言の日本語を楽しそうにしゃべっていたので、もう後がないし、つい日本語で、

「日本語上手ですね!」

と言ってしまいました!!ダメダメや!!

でも先生は笑顔で、

「ちょっとだけ!」

と言ってくれました。

英語はダメダメでしたが、でもその時思ったのは英語うんぬんじゃなくてコミュニケーションを取ることは楽しいな、という当たり前のこと。

後で子供に聞いてみたら、先生はがんばって日本語も話してくれるけど、何度も通じない時があったらしいです。でもお互いに知ってる言葉を駆使して、コミュニケーションを取っていたらしいです。楽しそう!

 

反省点

せめてあらかじめ文章を考えて、調べておけばよかったです…。 

●Hello, I am 〇〇's mother. はじめまして、私は〇〇の母です。

なんかカタイな…。でもこれ以外どうすればいいのかわからない。

●How was she today?  彼女の今日の様子はどうでしたか? 

そしてこの先は未知!

 

さいごに

私の英語の勉強方法はこのままでいいのかな…とくじけそうになりましたが、私の勉強法ではこれが現実、当たり前。それを肌で感じることができただけでも一歩前進です。語学を習得するっていうのは並大抵の努力では済まないですよね。

同じ所をぐるぐる回ってる気がしてきましたが…。このまま細々と続けながら考えたいと思います。

ではまた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

▼どんな人が書いているかはこちら⇒自己紹介 - じぶんブログ  

▼はてなで読者になるボタン⇒