じぶんブログ

ミニマム親子のミニマルな暮らしと育児

収納家具を置かない暮らし

スポンサーリンク

こんにちは。

4歳と7歳を育てながら少ないもので適当に暮らしています。 

 

収納家具を置かない暮らし

家は3LDKのマンションです。築約20年なので収納はそこそこ。

  • 押し入れ一間
  • クローゼット各部屋に1つずつと、廊下に1つの計3つ

この中になるべく全ての物を収めたい…ちょっと厳しい?でも収納家具は置いてません。

どうしているのかというと...?

(キッチンは無印良品のユニットシェルフとIKEAの棚を置いています。)

 

よく使うおもちゃは床置き

おもちゃは子供部屋のクローゼットに入れていますが、よく使うおもちゃは子供部屋に出しっぱなし!床置きです。いきなり反則感バリバリでごめんなさい。妥協しまくることも大切です♪

その方が4歳の次女が片付けしやすいからです。期間限定。

リビングにおもちゃは置かない派です。

↓詳しくはこちらにも。

www.minimal-0123.com

 

絵本

絵本は重たいので、子供の部屋のクローゼットの一番下に入れてます。絵本をすぐに手に取れるように収納した方がいいのはわかっていますが…。出しっぱなしはイヤなのでクローゼット行き。次第に読んだら直すクセがついてきてるような、そうでもないような…。

絵本の理想の収納場所は、「すぐに手に取れるところ」なんだろうなあとは思います。ここはモヤモヤポイントではあります。

↓セリアのファイルボックスで整理したら取り出しやすくなりました。

www.minimal-0123.com

 

一番量が多い子供服は押し入れへ

押し入れはブラックホール♪ ←恋人はサンタクロースの節でお願いします

家族の中で一番衣装持ちなのは、子供。だから収納力がある押し入れに入れてます。

子供たちは毎朝自分で押し入れを開けて、お着替えや用意をしています。取り出しやすいように押し入れの左下に集中収納。

他にも布団や季節家電も押し入れです。

↓押し入れのようす。

www.minimal-0123.com

 

本はクローゼット

本を減らして本棚は処分しました。そこで、廊下のクローゼットに本スペースを作っています。ここに入る分だけ。夫の料理本が多いです。漫画はなかなか処分できませんでしたが、何年かかけて全て売ってくれました…。ありがとう

あとは図書館を利用しています。

最近小2の娘が本を欲しがるようになってきたので近い将来、子供部屋には本棚や学習机を買うかもしれません。

↓こちらの廊下クローゼットに本も入ってます。

www.minimal-0123.com

 

小物類もクローゼットへ

他のお宅ではリビングでよく見かける文房具や、日用品なども廊下のクローゼットに収納しています。(キッチンに、はさみとペンはあります。)

他にも書類、電池、薬などの小物類、ストックなどもここへ。リビングには収納なしで暮らしています。

もしリビングに収納があったら物が集まってしまいそうで…置けません。

必要になったら廊下に取りに行くスタイルです。めんどくさそう?慣れたら全然気になりません!廊下ならリビングからも子供部屋からもアクセスがよいですよ!寝る前にリセットすれば問題なしなし。

 

洋服は各部屋のクローゼット

それから大人の洋服は各部屋のクローゼットに。

人別に分けて収納しています。というわけで、洗濯後はクローゼット2か所と押し入れと、計3ヵ所回って収納しなければなりませぬ。

その他、各個人の物もクローゼットに入っています。 

 

収納家具を置かない暮らしまとめ 

  • 作り付けの収納に入る分だけ、を意識する
  • 期間限定の物のために収納は買わない、出しっぱなしもOK
  • 洗濯物の片付けなど多少不便なところも、妥協しながらやってます

引越し前に大断捨離したので、分譲マンションに作り付けの収納だけでなんとかなっています。(正確にはキッチンには収納棚がありますが。)

自分でよかったなと思うのは、本を減らしてクローゼットに入れてしまうことでした。本棚に入れるものだと思い込んでいたんですね。

ただ、子供の本はこれから増えるはずなので、その時は本棚を置くことになるかも。こればっかりは未知の世界です…。

それから無印良品のユニットシェルフをクローゼット内に格納したのでスッキリしました!

↓収納家具を収納に入れて使うのはこんまり流ですね。

www.minimal-0123.com

増えたら減らしたり、なみなみしながら暮らしています。

あるもので色々工夫しながら、暮らしています。

ではまた!

www.minimal-0123.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

▼どんな人が書いているかはこちら⇒自己紹介 - じぶんブログ  

▼はてなで読者になるボタン⇒