じぶんブログ

ミニマム親子のミニマルな暮らしと育児

【柳宗理のお鍋】持ち手がぐらぐらしてきた時!

スポンサーリンク

こんにちは。

4歳と7歳の姉妹を育てながら少ないもので適当に暮らしています。

 

柳宗理の片手鍋を愛用しています。2017年の秋に買ったもの。かれこれ2年くらい使っています。持ち手(ハンドル)がぐらぐらしてきたので対処法を調べてみました。

↓柳宗理片手鍋のレビュー記事

www.minimal-0123.com

 

柳宗理の片手鍋

こちらがマイ片手鍋。毎日のように活躍中です。こげこげ?ううん、気にしない!

f:id:minimal-uuu:20190918121027j:plain 

弊社では 定期的に「ハンドルのぐらつきの有無の確認」と「ぐらつく場合はネジの増し締めによる、グラつきの直し」をお願いしております。

SORI YANAGI Support Site (柳宗理サポートサイト) | よくある質問Q&A・お問い合せ

 

なるほど…ネジを締めるといいみたい。説明書にも書いているそうです!

 

f:id:minimal-uuu:20190918121037j:plain

ネジはここですね。

 

f:id:minimal-uuu:20190918121032j:plain

サイズの合ったプラスドライバーでネジを締めました。

結果、ぐらつきがなくなりました!これでまた安心して使えます。

 

修理や交換部品もあります 

それでも直らない時、壊れてしまったときは修理や交換部品もあります。

有償でふた、つまみ、ハンドルなどがあるので長く使えますね。修理して長く使う…こういうサービスがあるとなんかときめく。

SORI YANAGI Support Site (柳宗理サポートサイト) | 修理・交換部品

 

柳宗理と鉄のフライパンのこと 

柳宗理の鉄フライパン(18cm)も愛用中です。

18cmだと朝ごはんの目玉焼きとソーセージを焼いたりするくらいの、手ごろな大きさです。

「テフロンのフライパンしか持ってないけど使いこなせるかな?」という方は、まず小さいフライパンから始めてみると慣れるかもしれません!

鉄のフライパン、特別なメンテナンスなどはせずガンガン使っています!

 

 

↓鉄のフライパン、大きいサイズは匠(TAKUMI)を愛用中。

www.minimal-0123.com

フライパンは鉄がやっぱり使いやすいなあと思います。違うメーカー(匠TAKUMI)ですが、メインのフライパンも鉄です。炒め物が香ばしくておいしいよ~。

ではまた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

▼どんな人が書いているかはこちら⇒自己紹介 - じぶんブログ  

▼はてなで読者になるボタン⇒