じぶんブログ

ミニマム親子のミニマルな暮らしと育児

【4歳】子供のおもしろい言動

スポンサーリンク

こんにちは。

4歳と7歳の姉妹を育てながら少ないもので適当に暮らしています。

4歳(年中)の次女の言動がおもしろかった。

 

【4歳次女】おもしろい言動

私が風邪を引いていた時の話。次女からうつったので家にふたりきり。次女はすぐに回復してきて遊びたい!でも幼稚園はまだ行けない…。私はしんどくてあんまり相手をしてあげられません。

説明しても「風邪なんかうそでしょ!イヤだイヤだ!!」とわかってくれない…。

そこで、

「ちょっとお母さんの喉を見てごらん。」

と大きな口を開けて見せた。それをのぞき込んだ次女は、

「うわあ!ほんとだー!」

そういって一発で風邪を引いていることをわかってくれた。

 

みなさん、お気づきですよね??

次女はわかったフリ?をしたのかな(笑)

実際に風邪を引いた時の喉なんて、おそらく見たことないと思うんです。

そもそも喉の奥は見えにくい。

でも、実際に見たらなんか赤いような気がして、納得したのかな??と。

言葉で説明してもわからない時は、納得するような行動を起こした方が話が早い時もあるなあ、と思いました。

 

夫の忠告

先月次女はウイルス性の風邪を引いて、幼稚園を休んでいました。
熱があったのは始めの数日で、回復期は家でゴロゴロしてヒマなよう。
治ってきたのは良いことなのですが、入れ替わりで私が風邪を引き…。

普段、次女をひざに乗せて猫のごとくなでなで、スリスリしているので当然といえば当然…。

私はいつも次女と並んで寝ていて、発熱初日は「移ったら困るから代わるよ」と、夫が次女と寝るのを代わってくれたのですが…。

次女が「あっちのへやでねたら、こわいゆめみた」と涙ながらに言うので、かわいそうで次の日からはまた一緒に寝ました。見事にうつり、夫には「言わんこっちゃない」と言われた。

治るのに1週間かかりました。またしても夫の忠告を無視して痛い目にあった私。

 

【小2長女】子育て日記

長女(小2)はこないだ自転車で、2キロくらいの距離の所に一人で行くことができた。(私が風邪で一緒に行けなかった、とも言う。)

いつもは近所しか一人で行けず、すごく怖がりだったのに。

でも思い切って行ってみたら、一人は解放的ですごく楽しかったらしい(笑)

車には気を付けて、信号のない交差点は絶対無理して渡らないように言い聞かせました。無事帰ってきてホッとしました。実は気が気でなかったです(笑)

 

f:id:minimal-uuu:20190509153906j:plain
 

さいごに

2人とも成長して少しずつ手が離れていくのを実感中。でもまだまだしっかり見ていてあげないといけないこともわかってる。子供とガッツリ遊んだりすることに終わりが見えてくると、外遊びに付き合うのも苦ではなくなってきますぞ~。とことん付き合おう!と思えます!同時に遊んでばっかりじゃなく、自分の身の振り方も考えないとなと思います( ̄▽ ̄;)アハ

ではまた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

▼どんな人が書いているかはこちら⇒自己紹介 - じぶんブログ  

▼はてなで読者になるボタン⇒