じぶんブログ

小学生と幼稚園児を子育て中 物を減らしてシンプルに楽したい

【家庭学習】1日10分だけ子供と勉強することにしました

スポンサーリンク

こんにちは。

いよいよ3学期ですね!冬休みの家庭学習など振り返ってみたいと思います!

長女は小学2年生です。 習い事はピアノだけです。

2年生になってからは私もピアノの方に情熱を注いでいて、勉強はさっぱり見ておりませんでした。家庭学習はほぼゼロ。

授業はだいたいわかるみたいですが、勉強はあまり好きではないようで、長期休みを狙ってドリルを買ったら泣くほど嫌がるし、買うのもあきらめていました。

冬休みのこの機会に少しだけ勉強することにしました。

 

母特製オーダーメードプリント作り

学校では「テストを定期的に持って帰ってきて、チェックしたらハンコを押す。」という習慣があります。

このテストを利用して、私がオーダーメードでプリントを作ります。これだけはなんとかやってくれました。

学校のテストから長女が間違った問題だけを抜き出して、プリントにします。けっこう面倒と思われるかもしれませんが、間違ったところだけなので少しだけですみます。

これを2学期の終わりからたまにやっていました。(間違ったところだけだと1回に3~4問くらいだったので、宿題のついでにやってくれる。)

テストだとたまに持って帰って来るくらいなので、3学期も続けようと思います。

子供の勉強の進度も把握できるしいいなと思います。

f:id:minimal-uuu:20200105210205j:plain

▲すみっコドリルっぽく絵を添えて。これもやってもらうため…。

 

眠っていた百ます計算を活用

「テストの間違ったところプリント」だとたまにしかやりません。

なんとか勉強を毎日の習慣にできないものか、しかも楽しんで、苦にならない方法で…。

 

f:id:minimal-uuu:20200105210427j:plain

1年生の夏休みに買ったプレ百ます計算。

はじめの16枚くらいはやってありますが、途中で「もうやりたくない」とさじを投げたのでお蔵入りになっていました。

これを2年の冬に、引っ張り出してきました。「これで私と勝負しよう!」ともちかけたんです。

案の定、乗ってきました。しめしめ。これを毎日やるからね!長女も「毎日お母さんと勝負する!」と言い出しました。出だしは好調です。

f:id:minimal-uuu:20200105210430j:plain

このドリルのいいところは同じ問題が何枚もあるんです。(さいごの百ますけいさんは1枚ずつですが。)プリンターを持ってないのでコピーしなくていいのはありがたいです!

↓プレ百ます計算の中身の写真などはこちらにもあります。

www.minimal-0123.com

どうせ使ってなかったものなので、これをビリビリ切り離して、私と長女1枚ずつ解くことにしました。

しかしここからが紆余曲折…。絶対勝てないと気づくと泣かれたり…。ハンデをつけてみたり、ハンデを付けすぎて勝負にならなかったり…。

結局問題のレベルに合わせて私が遅れてスタートするというルールに落ち着きました。ハンデの設定が意外と難しい(^^;)

とりあえず冬休み最後の3日間続けました。 

 

↓ポナン (id:kksk11221024)さんのブログを読んで参考にしました!騙されてみたよ!

kksk11221024.hatenablog.com

↓これもよかったなあ。

kksk11221024.hatenablog.com

いつも子育ての先輩の意見を求めてる気がする私。

 

まとめ

毎日子供と一緒に勉強することにしました。

子供の性格にもよりますが、特に低年齢~低学年くらいだと、お母さんと一緒じゃないとなかなかやってくれません。

長女は年中くらいまではドリルを楽しんでいたのに、学校で勉強するようになってからは「家での勉強は拒否!」「習ってないことは拒否!」という状態になってしまいました。宿題はやってます。
その分きっと学校でがんばっているんだとは思いますが…。

勉強嫌いの長女に家庭学習をやってもらうためのポイント

  • 楽しんでできること
  • 難しすぎないこと
  • 親も一緒にやる 

今やってる「プレ百ます計算」も内容は1年生の足し算引き算だけのものです。難しすぎるとやる気がなくなる模様…。

今は「勉強する」というよりは「勉強を習慣にする」ことを念頭に気長にやりたいと思います。 

550円とリーズナブルなのもうれしい。  

 

★Amazon⇒陰山英男の徹底反復 プレ百ます計算 (教育技術MOOK 陰山メソッド)

★楽天⇒陰山英男の徹底反復 プレ百ます計算 (教育技術ムック) [ 陰山 英男 ]

 

(おまけ)長女がこれだけはやってくれる!奇跡のドリル

宮本算数教室の教材 賢くなるパズル―入門編。いくつか買った中でこれだけは唯一、拒否しませんでした。超スローペースですがたまに解いてるみたいです。

題名が「ドリル」じゃなくて「パズル」っていうのも面白そうですごくいいですね!頭が固くなってしまった私には難しい。

今日も「これが全部終わったら続きも買ってね!」と言われました。うん。買う買う。だったら早く終わらせたらどうかな。

★Amazon⇒宮本算数教室の教材 賢くなるパズル―入門編 

★楽天⇒賢くなるパズル(入門編) 宮本算数教室の教材 [ 宮本哲也 ]

ではまた!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

▼どんな人が書いているかはこちら⇒自己紹介 - じぶんブログ  

▼はてなで読者になるボタン⇒