じぶんブログ

ミニマム親子のミニマルな暮らしと育児

【ピアノ】習い始めて1ヶ月。5歳児の練習のやり方。形ないものを習得する

スポンサーリンク

みなさまこんにちは

5歳(年長)の長女がピアノを習い始めて1ヶ月が経ちました!我が家は音大を目指すとかではなく、音楽に親しむというスタンスで習っています

私も子供の頃、ピアノを習っていました

ピアノの生音を間近で聴けるだけでもピアノ教室に行くのが楽しいです(^^)骨にじわ~ん。何かを習うってこんなに楽しいんだな!

●もくじ●

f:id:minimal-uuu:20170807005146j:plain

 

 

レッスンについて

まず3冊のテキストを購入しました。1冊はワークが主体のものでした。最低限のひらがなと数字が読めるとスムーズ!

レッスン中も長女はマイペースで人の話を聞かないタイプ。でもそこはさすがプロ!先生はガッと集中して教えてくれます。いつもヒヤヒヤしますけど…

最近先生にも慣れてきたせいか、お行儀が悪くなってきたのでレッスン前に言い聞かせてから行こうと思います(-_-)

本人いわくレッスンはめっちゃ楽しい!らしいです。よかった

【子供の習い事】ピアノ教室選び。体験レッスンに行ってきました - じぶんブログ

 

 

お家での練習について

ピアノは家での練習が主体です!そうなのか…覚悟はしていましたよ…。次女(2歳)の攻撃をかわしながらの練習は非効率的な時もありますが、仕方ない

 

■我が家のピアノ練習方法■

  • 最低5分~最高15分
  • 朝、出かける前にする
  • 「10分だけだから集中してね」と声かけ 

とにかく集中力がないので、声かけが重要です。すぐに他のことを弾き始めます。たまに怒ってしまうので反省…。怒っても無意味です。今は短い時間でも毎日楽器に触ることを目標にしています

でたらめを弾く時は手の動きが自然なのに、練習になるとすごく不自然になるのはなぜだ

私が「ピアノの練習は?」と聞かないと忘れることはありますが、今のところ毎日楽しそうに練習しています。「〇時にピアノを練習する」など時間を決めるといいのかも

この新鮮さはいつまで続くのだろうか??

 

 

練習カレンダーが活躍

私の通っている教室では、カレンダーに毎日練習時間を書き込み、一定時間に達すると表に色を塗ることができます★

どれだけ練習したか一目でわかるし、表がカラフルになっていくのが見ていて楽しいです。他のことでも真似できそうな工夫です

やっぱり家での練習が大事なんですね

 

 

ピアノの購入は?

家で使っているのはキーボード(シンセサイザー)です。鍵盤が軽すぎてやりにくいですが、贅沢は言えません…練習しないよりはいいでしょう。でも家での練習が主体なので先生にはやんわり購入をすすめられます。「妹がいる」というのもあるかもしれません。そこはあせらず冷静に考えます

 

 

さいごに。目標はなんだ?

ブログを始めてからなんだかんだ「目標」や「目的」が気になります(笑)そのほうが達成率が上がるのですよね。私の悪い所はほとんど振り返り作業をしないことですね…今を生きてるんで☆

長女がどのくらい弾けるようになりたいのか、目標はなんなのか、今後設定したいと思っています

今は全くピアノを習う目的とか、目標とか考えていない様子なので、まだ難しいかも…でも楽器を演奏するならいずれ必要になってくると思うのです。ピアノを習っていた経験上、どうしても飽きてしまったり中だるみがあるのです。コンクールに出る気は全くありませんが、そういう意味ではメリハリがついていいのかもと思います

 

 

もわもわ脳内【モノと音楽】

私のもわもわした脳内のコーナーです

このブログはミニマリストブログというカテゴリーです。私はモノを減らして生活がずいぶん快適になりました。形あるものから、形のないものに価値を感じるようになりつつあります

音楽って形がないですよね。(楽器は必要ですが)演奏する技術を習得するってもしかしてすごく素晴らしい事なんじゃ…と思います。私は歌うのが好きですが、歌なら楽器もいりません

よくわからず脳内でもわもわしていましたが、ピアノのおかげでくっきり感が出ました

 

 

おわり

▼こちらも参考に♪▼〈ブログ村テーマ〉

育児

笑顔になれる子育て
子育てを楽しもう♪

******************
♪ピアノ♪リトミック♪
子どもの習い事 音楽♪
ピアノ教室
子供を賢くする方法 

******************
すっきり暮らす
断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

▼ミニマリストブログランキング参加中

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

 

▼どんな人が書いているかはこちら▼

自己紹介 - じぶんブログ

   

スポンサーリンク